試作の乾燥化対策水路堰き止めダムの具合

2023年11月3日【仏沼】

1区画約200m×250mの真ん中に排水路があり、その水路を通って排水されていました。  その水路の根っこの部分に今年5月に水路堰き止めダムを造り、効果があるか検証してみました。結果は雨水だけである程度の水が溜まる事が確認出来ました。区画の広範囲に水面が広がっており乾燥化を食い止める可能性も見えてきました。今後は排水口を傾け水深を調整して、どの位の水位が良いのか検討しなければなりません。

水路堰き止めダム
水路堰き止めダム
水深調整排水口(傾けると水位が下がる)

仏沼に渡り途中の小鳥

2023年10月15日【仏沼】                              白く輝くヨシやススキやオギに、仏沼で繁殖したコジュリンや渡ってきたオオジュリンが穂をついばんでいました。その他にもアオジやカシラダカなどの冬鳥もよくみられます。チュウヒが上空を飛ぶとヨシ原の中からオオジュリンが飛び出します。              ツグミがいたる所に沢山います。例年だと今の時期、平地ではほとんど見られないのですが、今年は異常なくらい多く居ます。

ヨシ原の上を飛ぶチュウヒ
ススキの穂をついばむ冬羽のオオジュリン
コジュリン
ツグミ

小川原湖のカモ類が日に日に増えています。

2023年10月14日【小川原湖】                            仏沼周辺の水辺広場前の小川原湖や東北町、旧象のオリ付近にはカモ類が大群で飛来しており、その数は日に日に増えています。ホシハジロ、コガモ、マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、スズガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモなどの混群となっています。

水辺広場前の小川原湖
旧象のオリ付近の小川原湖
カモの群れ

渡って来たばかりのオオハクチョウが次々と小川原湖に降り立ちます。

だいぶ遅く繁殖したのでしょう。カンムリカイツブリが未だに給餌に勤しんでいる個体が居ました。

乾燥化対策の堰き止めダムの補強工事をしました。

2023年10月9日【仏沼】                               5月に作ったダムは機能を発揮して水路を堰き止めに成功し、予想通り水を貯めることが出来ました。今回、水漏れの箇所を補強する為、一旦水位を下げて補強工事を行いました。   補強工事と同時に仏沼野鳥観察ステーションの掃除や草刈りなども行い、最後に参加者で芋煮会行いました。

シジュウカラガンやマガンが南下して行きました。

2023年10月8日【小川原湖・東北町】                         10時過ぎあたりから小川原湖上空をシジュウカラガンの100羽から300羽位の群れが4~5群次々と南下して行きました。その他マガンの群れも飛んで行きました。今日・昨日は青森県太平洋側の平地でいくつものシジュウカラガンの群れが観察されています。オオハクチョウ2羽とコハクチョウ1羽も観察しました。今季初確認です。

シジュウカラガンの群れ
シジュウカラガンの群れ

シギチドリ

2023年9月30日【六ヶ所海岸・おいらせ町海岸】                    むつ小川原港南側の砂浜に、渡り途中のシギチドリがまだ見られました。ハマシギ、ミユビシギ、トウネン、メダイチドリ、シロチドリ、などが100羽ほど居ました。

むつ小川原港南側のシギチドリ

おいらせ町一川目海岸には、オオソリハシシギ2羽、ダイゼン6羽、トウネン12羽、ミユビシギ1羽などが居ました。

おいらせ町一川目海岸
オオソリハシシギ
ダイゼン
トウネン

マガンが立ち寄りました。

2023年9月30日【仏沼周辺】                               ガンが渡ってくる季節になりました。秋は真っすぐ南下するガンが多いですが、刈り取りが終わった田んぼにマガンが2羽休息していました。

マガン

ノビタキ

2023年9月17日【仏沼】

冬羽のノビタキが数羽、牧場の電線に飛んでは止まり、飛んでは止まっていました。ようやく秋の渡りの小鳥が見え始めました。ノビタキは青森県で繁殖して居ないので、北海道以北から渡って来たのでしょう。ノスリの幼鳥も数羽止まっていました。こちらは、周辺の林で繁殖していた個体でしょう。

ノビタキ
ノスリ

六ヶ所海岸のシギチドリ

2023年9月16日【六ヶ所海岸】

むつ小川原港南側の海岸にオオメダイチドリ・メダイチドリ・シロチドリ・トウネン・ミサゴなどがいました。シギチドリの渡りも終盤になって来ましたので。個体数は多くなかったです。砂浜にはスナガニが沢山いました。

オオメダイチドリ
ミダイチドリ
シロチドリ
スナガニ

【高瀬川河口対岸】2023年9月17日                                      高瀬川河口の対岸にオオソリハシシギとダイゼンが居ました。青森県太平洋側ではコサギは多くなくて、夏になるとときどき見かけるようになります。

オオソリハシシギ
ダイゼン
コサギ

六ヶ所海岸のシギチドリ          

【六ヶ所海岸】2023年8月                              六ヶ所村の海岸は砂浜がどこまでも続き、所々にシギチドリが居ました。         むつ小川原港南側の砂浜は比較的シギチドリが居るところです。ミヤコドリ・オバシギ・ミユビシギ・シロチドリ・チュシャクシギ・メダイチドリ・ソリハシシギ・ダイゼンなどが居ました。

小川原港南側の砂浜
ミヤコドリ8/27
オバシギ8/27
チュウシャクシギ8/27
ミユビシギ8/19
シロチドリ8/27
トウネン8/27
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1G4A7367.jpg
メダイチドリ8/27

高瀬川放水路北側にはミユビシギの群れとソリハシシギなどが居ました。

高瀬川放水路北側
ミユビシギ8/19