NPO法人おおせっからんど

 すばらしい仏沼の自然を残し・・後世に伝えるために、私たちNPOはラムサール条約の理念に基づいた活動をします。人と生きものが水辺で生き生きと暮らし、人にとっても自然にとっても、あたりまえのことがラムサール条約です。水鳥保護だけを目的としているものではなく、総合的な湿地保全を目的としています。日常生活と無縁な特別な条約ではありません。これまでも湿地の恵みを私たちは利活用してきました。これからも条約が唱えているワイズユースの理念に基づいて生活向上を図りたいと考えています。

NPOの提言書 2008年3月
仏沼及び周辺地域のワイズユースと環境保全を目指して

お知らせ

オオセッカ一斉調査の結果  今年の仏沼では計451羽(オス)が確認されました。昨年の約11%増で、2年連続の増加です。下北・三八上北全域では計774羽(オス)が確認されました。昨年より約15%増で、こちらも2年連続の増加でした。(20200708 NPO発表)

NPOでは随時!会員を募集しています。
年会費(サポート会員2000円・正会員5000円)

 仏沼の自然環境を守る活動をしませんか?
賛同する方なら、どなたでも参加が可能です。
活動資金への応援・支援も歓迎です!環境保全型NPOは収入が少ないのが実情です。仏沼に生息する希少な生きものたちの命を未来へつなげるために、一人でも多くの人に知ってほしいと考えています。

最新情報は ブログ  参加(投稿・コメント)して下さい!

ゆうちょ銀行 振替口座 02270−1−124145  
加入者名 特定非営利活動法人おおせっからんど