ツバメが集まっています

7月20日、21日【仏沼】

ツバメやショウドウツバメの群れがみられるようになりました。珍しいハリオアマツバメやコシアカツバメもいました。田んぼではアカエリヒレアシシギを見つけました。

ツバメ
ツバメ
ショウドウツバメ
ハリオアマツバメ
コシアカツバメ
アカエリヒレアシシギ

三沢市内小学校の仏沼観察会

2024年7月8日【仏沼】

おおぞら小学校3年生17名の児童が仏沼を訪れました。この日は天気に恵まれオオセッカ、コジュリン、コヨシキリがお出迎え。望遠鏡を覗いて嘴が可愛い」「目が合った」と笑顔を見せていました。また、ネズミの巣を見つけたり道端の草花の説明に耳を傾けたりして、仏沼の自然を子ども達なりに感じ取っているようでした。(木村記)

この他に下記の三沢市内小学校の仏沼観察会を行いました。

6月19日 岡三沢小学校5年1組25名

6月24日 午前岡三沢小学校5年2組26名

6月24日 上久保小学校5年1組22名

6月25日 岡三沢小学校5年3組27名

6月26日 上久保小学校5年2組24名

   

2024年度オオセッカ一斉調査

毎年恒例の生息鳥類個体数調査(オオセッカ一斉カウント)を、仏沼を中心とした下北・三八上北全域で実施しました。風の無い快晴で絶好の調査日和の中、58名の調査員が担当する調査地へ散らばって調査ルートを早朝5時から2-3時間歩き、オオセッカをはじめとした生息鳥類をカウントしました。終了後は仏沼野鳥観察ステーションに戻って朝ごはんで、担当は前夜祭に引き続いておおせっからんど婦人部の皆様です。

調査の結果、オオセッカのオスが仏沼で計370羽、下北・三八上北全域で計613羽確認されました。どちらも昨年と同程度で、増減は特にありませんでした。過去最多だった2011年以降、オオセッカは減り続けています。今年の調査だけではこの減少傾向が止まったとは判断できませんが、ほとんど減らなかったことが何より嬉しいです。

来年は仏沼がラムサール条約登録湿地になって20周年です。調査は2025年6月29日の予定ですので、ご協力を引き続きお願いいたします。(高橋雅雄@岩手県立博物館)