オオセッカ一斉調査(B3調査区)

明日早朝に実施される一斉調査ですが、一足早く(B3調査区)圃場整備エリアを調査しました。久しぶりに歩いて少々、足が痛い! 途中、 U字溝水路で魚を捕る農家の人と逢った。小川原湖から遡上してくる40cmぐらいのナマズ3匹を簡単にタモ網で取る。食用かな? この調査区には、オオセッカはいないので、周辺の写真を撮りました。

再びのイタチさん

今度はじゃれあっている?2匹同時目撃。立ち上がって挨拶してくれました。小川原湖では部分白化のカンムリカイツブリさん。

ショウドウツバメが訪れる頃

仏沼にショウドウツバメが訪れる頃には、珍客に会えるかも。ハジロクロハラアジサシは綺麗な夏羽、ツバメチドリは毎年来ているのかな。海が荒れた日にはアカエリヒレアシシギが見られることもありますよ。

ショウドウツバメ

新八戸自然保護官太刀川さんと面談しました。

本日、14:30からNPO事務所を環境省八戸自然保護官事務所から太刀川さん(自然保護官)、大友さん(自然保護官補佐)が訪れました。津曲副理事長と麦沢が経緯と現状、保全活動等の意見交換をしました。今後とも、私たち「おおせっからんど」をご指導よろしくお願いいたします。

HPリニューアル進行中!

 NPOおおせっからんどのホームページリニューアルをしています。まだまだ工事中のところもありますが、ご意見・ご要望、励ましコメントをお願いします。広報誌制作も取り組んでいます…記事投稿・ご協力をお願いします。

仏沼の春は火入れから始まる。

 毎年、仏沼のヨシ原は三沢市環境衛生課によって計画的に火入れがされる。ヨシ原湿地の維持管理のためです。燃えて真っ黒になった湿地には、いろんな野鳥や動物が現れるので楽しみである。撮影:三戸

タヒバリ
コミミズク
イタチ
オオジシギ